鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 神経病学講座 脳神経外科

医学生・研修医の方へ for medical intern

新入局員の声 newvoice

interview 井上 惠理 2022年 入局

2022年度入局の井上と申します。

鹿児島大学出身で、卒後も鹿児島大学病院プログラムで初期研修を修了しました。
学生時代から漠然と脳神経外科への興味を抱いていましたが、2年間の研修で脳疾患の奥深さに触れ、また、指導してくださった先生方や患者さんとの出会いの中で、この分野に関わっていきたいという思いがより強くなり脳神経外科を選びました。

まだまだ未熟な点が多いですが、一人前の脳神経外科医になれるよう日々精進してまいります。

interview 斧淵 奈旺 2022年 入局

2022年度入局の斧淵奈旺と申します。鹿児島大学出身で、初期研修は鹿児島医療センターで行いました。

脳神経外科を選んだ理由は外科の中で何となく自分に合っているなという感覚があったことと、脳神経外科の先生方や患者さんとの出会いが一番の後押しとなりました。
入局後は勉強不足を痛感し、忙しい日々を過ごしております。未熟者ですが、一人前の脳神経外科医になれるよう日々研鑽を積んでまいります。よろしくお願い申し上げます。

interview 渋谷 望美 2022年 入局

2022年度新入局員の渋谷と申します。鹿児島大学出身で霧島市立医師会医療センターにて初期研修を行いました。

私は元々、脳や神経が好きだったこと、外科的手術が好きだったことより、学生のころから脳神経外科に憧れを持っていました。しかし私は一度他の大学を出て遠回りしていること、子供がいることから、自分には無理かな、医局も受け入れてくれないだろうなと諦めていました。初期研修1年目で霧島市立医師会医療センターの脳神経外科を回り、やはり脳神経外科は手術も疾患もとても興味深い科だと思いました。指導医の先生方に脳神経外科に興味を持っていることをお伝えしたところ、確かに大変だと思うけど本当に目指すなら全力で応援するよ、と心強い言葉をいただきました。また鹿児島大学の脳神経外科を見学させていただいた際にも医局の先生方にたくさんの温かい言葉をいただき、せっかく医師になれたのだから、本当に興味のある分野で働きたいと思い入局を決意しました。
困難はあるかと思いますが、今の初心を忘れず、人と比べず自分のペースで一歩ずつ研鑽を積んで、尊敬する脳神経外科の先生方のような脳神経外科医になれるように日々精進してまいりたいと思います。

interview 竹原 雅宣 2022年 入局

2022年度入局の竹原雅宣と申します。鹿児島大学出身で、鹿児島医療センターで研修しました。

私が脳神経外科を選んだ理由は、手術・血管内治療に興味があること、私自身が脳神経外科の先生方にお世話になったことがあったからです。
日々忙しくもお互いを助け合う明るい雰囲気の医局が私には魅力的に写り、入局の敷居を下げたように思います。脳神経外科医としての誇りを持って仕事している先生方を見ていると、自分もその一員になりたいと感じました。

入局して1ヶ月経ちますが忙しくも楽しい日々を過ごしております。カルテの使い方もまだよくわからない私に、先生方は時間を割いて手厚く教えてくれます。困っていることがないか気にかけて下さり、先生方にはご迷惑をおかけして申し訳ない一方で、大変感謝しております。
未熟者ですが、素晴らしいこの環境で一人前の脳神経外科医になれるよう日々研鑽を積んで参ります。この文章を読んでくださっている研修医や学生の方は気軽に医局に遊びに来てください。お待ちしております。

interview 中原 淳志 2022年 入局

この度鹿児島大学脳神経外科に入局しました中原淳志と申します。

鹿児島大学医学部医学科を卒業し、鹿児島大学病院にて初期臨床研修を行いました。
自分は、学生の時神経系は非常に苦手で特に神経解剖は神経回路などを覚えるのに必死でした。しかし、大学4年生での座学にて血管障害や変性疾患など神経領域の面白さを覚え、神経系に興味を持つようになりました。
さらに学生実習や臨床研修で血管内治療と手術に興味を持ち、両方やりたいと思うようになりました。循環器や一般外科など他科と迷うこともありましたが、神経系領域であり、手術と血管内治療の両方ができる脳神経外科に進みたいと考えました。

神経領域はやはり奥が深くやりがいがあると感じています。
まだ知識や経験が少ない未熟者ではありますが、立派な医師、研究者になるよう精進してまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。