鹿児島大学医歯学総合研究科 衛生学・健康増進医学サイト 桜島メイン画像

衛生学・健康増進医学分野 (Hygiene and Health Promotion Medicine) は、社会医学・予防医学の講座です。
「人が幸せになる社会の仕組みづくりを目指して」、人を育て、社会を育てる意気込みで教室運営を心がけます。
鹿児島県の医師数約4000人のうち、約2割の800名を超える方が、産業医資格を取得されています。産業医に対するセミナー実施や鹿児島県の産業保健の仕組みづくりを提言する講座です。産業医としての実践を踏まえながら、栄養に関する基礎的な研究も実施できる講座です。また、学校保健についても考えていければと思います。

病気の成り立ち(栄養の観点)を理解し、科学に基づいた予防医学・産業保健(働く人の健康)の実践
を目指します。

●鹿児島の地域に特徴的な産業保健の構築を目指します。
1)CKD予防を軸に、地域と職域を結び付ける取り組み(中小企業従事者に対する仕組みづくり:産業薬剤師活動支援)
2)働く女性の健康支援(都会よりも女性の働き手が多い:産業医―婦人科連携)

食と健康を意識した栄養学研究として、「ストレスモデルと栄養因子」と「カルニチン低下症:脂肪酸毒性」をテーマに基礎的研究から実践的研究への展開を考えています。
※職場環境を考慮したストレスモデルの栄養学的解析(課題:働くことが疾病の増悪につながる)
  ①頻回の新規環境負荷 ②自律神経制御による糖尿病合併症予防の研究
※カルニチン低下による病態解析(課題:脂肪酸代謝に関わる新規の病態を見出し、予防や治療法を開発)
  ①病態に関与する脂肪酸代謝関連物質の同定
  ②糖・脂肪酸サイクルや脳の脂肪酸代謝を考慮した新規病態の同定(心肥大、ストレス脆弱性、認知症)

教室の参加学会として
・日本衛生学会
・日本産業衛生学会
・日本生化学会
・ヨーロッパ神経科学会(アメリカ神経科学会)

スタッフ・研究紹介

2022年7月の予定。参加希望の方は、ご連絡ください。お話の上、ID、PWをお知らせします。
●データ会(金曜日、月2回程度)19:30~
オンライン(Zoom利用)と教室(対面型)でのハイブリッドでの開催
「予防医学と産業保健」の話題提供(論文紹介・学会報告・予演会など)とデータの討論
7月8日、7月22日

●多職種産業保健セミナー
①「産業薬剤師の学び」(水曜日1回程度、月によって変更:しばらく、Zoomミーティング)
健診や両立支援、化学物質管理に関すること
7月20日 19:30~
②年間4回 労働衛生研究会:働く人の健康を考える(産保センター主催)
よかセンターで実施。
8月5日(金曜日)「神経難病の治療法の進歩:両立支援も考慮して」 (仮題)
鹿児島大学病院 地域医療連携センター 道園 久美子先生

【社会医学系の講座として目指すもの】

社会医学は、医学医療を「集団」として捉え、また、予防医学に関する「保健」について考える場所です。本教室は、「産業保健」や「学校保健」に関する研究・教育を行っています。産業保健は、「働く人の健康を守る」ことを目的にしています。具体的には、病気の成り立ちの基礎的な研究、健診・医療連携の新しい仕組みづくり(産業医と産業薬剤師の連携)、医薬品によらない新しい介入法(栄養素・代謝を応用)の開発を行いたいと思います。個人の体質(遺伝・生活習慣によって形成)を考慮した個別予防医学(病気になりやすい集団を見出し個別に是正する)に向けた取り組みも進めます。
●実験・疫学研究で得られたエビデンスを基に、健康保持増進・疾病予防に役立つ提言を行っていきたいと思います。

※教室の業績など
masahisa horiuchi - Search Results - PubMed (nih.gov)

一緒に学ぶ大学院生(修士課程・博士課程)を募集しています。
特に、食や代謝に興味のある方、薬剤師や管理栄養士資格のある方は、「やってみたい」と思えるテーマを見つけることができると思います。
ぜひご連絡をいただければと思います。
将来的には、教室で学んだことを生かして、「産業保健:働く人の健康づくり」に関する領域での活躍を期待しています。可能なら、以下の資格取得を目指してください。
*労働衛生コンサルタント: 医師、薬剤師、保健師の方に目指して欲しい産業保健の専門資格。
資格取得の基盤的な考え方の修得に、大学院を利用してもらいたいです。
**衛生管理者(衛生工学衛生管理者)/衛生推進者:大学等修了者で、実務経験を経て受験資格が得られる国家資格。
専門性とは別に、働く人の健康に関心のある方は、就職後、取得してほしい資格です。

入試案内
 問い合わせ:masakun@m.kufm.kagoshima-u.ac.jp

新着情報

2022/6/25 更新

20211201 自主研究4年生参加学生の皆さんと

20211022 労働衛生研究会:働く人の健康を考える 「炎症性腸疾患と両立支援」小牧講師発表、鹿児島市薬剤師会と共催 
会場風景1会場風景2会場風景3会場風景4

20210930 教室のデータ会の風景です。

20210930 教室で実施している薬剤師の皆さまとの勉強会の風景です

20210510 研究「職場健診で得られる身体的・精神的指標と便通に関する情報の関係性について」5月17日から始まる桜ヶ丘地区職員対象の健康診断において実施の予定です。
 アンケート用紙と情報公開文書(受診者に配布予定)

20210326 修士課程 小牧泰裕さん、無事修了されました。

202103 K-OPT 産業薬剤師勉強会のメンバーから、労働衛生コンサルタント合格者2名。

20201218 自主研究 発表会 無事終了、本日student Dr 認定証授与式、皆さん無事受け取りました
写真2 写真3 写真4 写真5 写真6 写真7 写真8 写真9 写真10 写真11 写真12 写真13 
写真14

20200201 産衛九州2月号発行。鹿児島の薬局薬剤師の産業保健の取り組み記事あります(P5、陳尾先生)

20200108 KSAPSの皆さまと;地域における産業薬剤師活動を考えていきましょう


20191128 データ会 たばこは1本から毒なのか?

20191031 故松下敏夫名誉教授、瑞宝中綬章叙勲されました。大変名誉なことです。

20191029 労働衛生コンサルタント試験に挑戦(保険薬局薬剤師6名の精鋭)奮闘されました。

20190922 産業保健セミナー実施:柳川行雄先生(元厚生労働省)

20190417 鹿児島市内の薬剤師の皆さま(KSAPSメンバー)と産業保健を学びました

20190325 卒業式
スナップ1 スナップ2 スナップ3

20190308 修士課程学生松元菜奈さん(MIRAI WO TSUNAGU 代表)
鹿児島大学進取の精神チャレンジプログラム地方創生活動部門 最優秀賞受賞

スナップ1 スナップ2 スナップ3 スナップ4

20190307 教室送別会
スナップ1 スナップ2 スナップ3

20181221 教室忘年会
皆さん スナップ スナップ2 スナップ3

2018/8/11 松下敏夫名誉教授 鹿児島農村医学研究会 特別功労賞受賞
スナップ1 スナップ2

2018/7月 ヨーロッパ神経科学会(ベルリン)で発表:昼行性日内リズムを示すミニブタ髄液採取とその展開
写真写真
ドイツ(ドレスデン)衛生博物館訪問写真写真

同門会2018/04/29

2017年「世界腎臓デー in  鹿児島」(イベント)で行われた食習慣アンケート及び食塩味覚感受性評価に参加された方へ(疫学研究に関する情報公開文書)


鹿児島市CKDイベント 2018/02/26 南日本新聞記事
忘年会(2017年12月15日)
学位取得おめでとう(2017年9月博士課程: Pulong san:インドネシア留学生医師)
学位取得おめでとう(2017年4月博士課程:沖田先生:産業医)
学位取得おめでとう(2017年3月博士課程:武石さん:鍼灸師)
鹿児島市CKDイベント イオン谷山 2017/02/26
同門会(2016年4月9日)
同門会(2016年4月9日)2
長い間、ご苦労様でした。青山講師、定年退職
卒業おめでとう(2016年3月25日修士課程:中野さん:管理栄養士、中熊さん:管理栄養士)
鹿児島市CKD予防ネットワーク:世界腎臓デーイベント(2016年2月28日)写真
同門会 (2015年4月18日)写真
同門会(衛生学・環境医学 2013年7月20日)写真

学生・大学院生専用 | 鹿児島大学医歯学総合研究科 衛生学・健康増進医学|健康保持増進・疾病予防に役立つ提言を社会に行います